産業保健師として活躍するために・・・

保健師の企業への転職について

保健師が転職する場合、様々な現場あると思いますが その中でも企業に就職を希望する人も少なくはありません。 企業で働く保健師を産業保健師というのですが、 産業保健師は従業員の健康管理や健康指導、 栄養指導、メンタルケアが主な業務となっています。
保健師の転職に強い求人サイトは?

また定期健康診断の企画、そして運営も産業保健師の 仕事であり、健康診断の結果に基づき 従業員の健康指導をしなくてはなりません。 企業によって業務内容は多少変わってきます。

サービス業などを主としている企業でしたら 従業員の体調不良などに対応しなくてはなりませんが、 製造業の場合は事故による怪我なども多いため そちらも素早く対応できる保健師でなければなりません。

大企業であるほど募集枠は多くなりますが、 その分事務所が全国各地に展開されていると思うので 転勤はあるのかどうかも確かめて置かなければなりません。 特に自動車製造をしている企業はトヨタや三菱、日産など 大企業が多く全国に工場があるため、 その分産業保健師が必要となっているのです。

もちろん製造業の企業だけでなく、製薬企業、 金融機関などでも産業保健師は募集しています。 企業へ保健師転職をしたいと希望している場合は 募集している企業を探して、更にその企業について 休日や勤務時間、転勤の有無などをしっかり確認しましょう。

大企業だけでなく中小企業の場合も募集はしていますが、 産業保健師を配置していない企業も多いため 比較的希望の大きい企業への就職が主となるでしょう。

また、企業への転職が難しい場合は、大学や行政、 公務員や精神保健師、地域支援センターなど 保健師は様々な場所で活動できますので 視野を広げて他の転職先を探すのも良いと思います。

主な仕事は変わらないものの業務内容に違いは やはり出てきますので、自分にぴったりな職場を 見つけられるように転職する前に 業務内容についてきちんとチェックもしておきましょう。 転職をお考えの保健師の方は是非一度 看護師などの転職サイトを覗いてみると良いと思います。

保健師の最近の求人状況について

保健師への転職を考えている方は最近の保健師の求人状況が気になるという方もいると思います。保健師の最近の求人状況は比較的良好な状況となっています。その理由となっている事に近年の高齢化が挙げられます。

年々高齢者の方は増加しており、今後もその傾向は変わらず続くと見られています。高齢者の方はやはり身体的にも弱っている方も中にはおり、そうした方が病院に行く機会も増える事になります。それに伴い、保健師の方の仕事もますます増える事が予想されています。

また、これに合わせて増えているのが病気の治療よりも予防という考え方です。治療は病気になった患者さんを治す事を意味していますが、予防は病気を未然に防ぐ事を指します。

病気になる方が増えるにつれて予防がより大事だという考えが広がり始めています。最近は特に病院では患者さんが入院できないほど病気にかかる方が増えており、病院のベッド数が足りなくなる前に対処する必要があります。保健師は健康指導という仕事を通して病気の予防をしていきます。

また、最近では看護師の方からの転職も増え始めています。保健師の仕事は看護師資格に加えて保健師の資格も持っていないと行う事ができない仕事です。

経験を積んだ看護師の方が次のステップとして保健師の仕事を考える事も多く、保健師の活躍の場も開拓され始めています。最近では病院だけでなく様々な所で保健師が仕事をするケースが増えています。企業などで従業員の方の健康指導を行う産業保健師なども注目されています。

このように、保健師の求人は徐々に増える傾向にもあり、今後ますます求人の幅も広がる事が予想されます。また、保健師の資格は看護師に比べると持っている方が少なく、競争もまだ比較的低めの求人が多くなっています。

収入も看護師と同水準の収入が得られる職場も多いため、これから保健師を目指そうと考えている方は検討してみるのもお勧めです。保健師として仕事をしていく際にはあなたの理想の仕事をしっかりと選んで見つけていきましょう。

保健師が転職で高収入を狙うには

転職を考えるとき、誰しもがよりよい収入を求めるはずです。また保健師という職業は、簡単になれるものではありませんね。国家試験をぱすして初めて資格を得ることができる資格職でもあります。

せっかく頑張って取得した資格・職業であるからこそ、より高く自身を評価してくれる職場を求めて当然なのではないでしょうか?それでは、収入ップを目指す保健師の転職とはどのようなものなのでしょうか?

長期的な勤務、また安定感を考えた時、やはり市町村で活躍する行政保健師がベストかもしれません。ところが、もしも自身のキャリアアップと収入アップを目指すのであれば近年注目を集め需要も伸びている産業保健師への転職をお勧めいたします。

産業保健師とは、企業の従業員として就職し社員の健康を支えている保健師です。就職する企業によって収入はもちろん異なってくるのですが、大手企業の正社員として入社すればかなりの高収入が狙えるでしょう。

産業保健師への転職活動では、情報の鮮度が命です。ただでさえ保健師という職業は求人が出にくいと言われています。ご自身で行う転職活動でもタイミングと運次第では魅力的な求人に出会えるかもしれませんが、より効率良く情報収集を行うのであれば転職支援サービスを行うサイトをうまく活用しましょう。

転職支援を行っているサイトは多く、中には保健師に特化したタイプのものも存在しています。これらのサイトは多くが無料で登録でき、登録後は転職サポートを行う専属の相談員が付いてくれます。

相談員との面談で、あなた自身のキャリアアップ相談や希望条件の絞り込みを行うこともでき、またその内容に最適な転職先の求人をピックアップして紹介してくれるのです。

転職活動をする上では、ほとんどの人が素人同然です。手探りで行う自己流の職探しで、キャリアアップや収入アップを目指すのには労力と時間、また運も必要になってきてしまうでしょう。 ぜひこのようなサービスを活用し、高収入・好条件な求人との出会いを果たしてください。