産業保健師として活躍するために・・・

保健師の企業への転職について

保健師が転職する場合、様々な現場あると思いますが その中でも企業に就職を希望する人も少なくはありません。 企業で働く保健師を産業保健師というのですが、 産業保健師は従業員の健康管理や健康指導、 栄養指導、メンタルケアが主な業務となっています。
保健師の転職に強い求人サイトは?

また定期健康診断の企画、そして運営も産業保健師の 仕事であり、健康診断の結果に基づき 従業員の健康指導をしなくてはなりません。 企業によって業務内容は多少変わってきます。

サービス業などを主としている企業でしたら 従業員の体調不良などに対応しなくてはなりませんが、 製造業の場合は事故による怪我なども多いため そちらも素早く対応できる保健師でなければなりません。

大企業であるほど募集枠は多くなりますが、 その分事務所が全国各地に展開されていると思うので 転勤はあるのかどうかも確かめて置かなければなりません。 特に自動車製造をしている企業はトヨタや三菱、日産など 大企業が多く全国に工場があるため、 その分産業保健師が必要となっているのです。

もちろん製造業の企業だけでなく、製薬企業、 金融機関などでも産業保健師は募集しています。 企業へ保健師転職をしたいと希望している場合は 募集している企業を探して、更にその企業について 休日や勤務時間、転勤の有無などをしっかり確認しましょう。

大企業だけでなく中小企業の場合も募集はしていますが、 産業保健師を配置していない企業も多いため 比較的希望の大きい企業への就職が主となるでしょう。

また、企業への転職が難しい場合は、大学や行政、 公務員や精神保健師、地域支援センターなど 保健師は様々な場所で活動できますので 視野を広げて他の転職先を探すのも良いと思います。

主な仕事は変わらないものの業務内容に違いは やはり出てきますので、自分にぴったりな職場を 見つけられるように転職する前に 業務内容についてきちんとチェックもしておきましょう。 転職をお考えの保健師の方は是非一度 看護師などの転職サイトを覗いてみると良いと思います。