保健師さんの転職におすすめしたい求人サイト

産業保健師ってどんな仕事をするの?

産業保健師という職業を聞いたことがあるでしょうか。 産業保健師とは簡単に言えば企業や事務所で勤務する 学校の保健室の先生みたいなものです。 従業員の怪我や体調不良などの応急医療、 定期健康診断を行って従業員の健康管理を行ったり、 その上での相談や指導、そしてメンタルヘルスケア などが主な業務内容となっています。

保健室の先生のように企業にある医務室などに 常駐しており、産業医とともに業務をしていきます。 他には過労や生活習慣病予防のための指導や、 中にはストレッチなどをして健康支援するそうです。

企業にもよりますが、インフルエンザなどが 流行っている時期にはマスクなどを従業員に配布する、 予防接種について従業員に情報を提供するなど 従業員の健康を管理するためにお仕事をします。

労働安全衛生法という、働く人たちの健康を保護する法律にて、 常に50人以上の従業員が働いている企業などには 産業医を選定しなくてはいけないという規定があります。

しかし、保健師や看護師がいなくてはいけないという 規定はないため、従業員が1000人以上いる企業の ほとんどには保健師や看護師がいるのに対し、 300人以下の企業ではあまり選定されていないようです。

規模の大きい企業はその分従業員のメンタルヘルスを 重点的に課題としているところが多く、 産業保健師もメンタルケアが主な業務になっています。 現在、仕事に関して精神的に不安を抱いている人は 企業の中で2%ほどいると予想されています。

しかし社会環境、雇用情勢が不安定であるため もっと多くの人が仕事に関して不安や 悩みを抱いていると言ってもよいでしょう。 しかし、中小企業の場合はメンタルヘルスケアを 行うための産業保健師を配置していないところが多いため 生活習慣病になってしまっている従業員の割合が 大企業よりも多い傾向にあります。

生活習慣病は初期状態の場合、生活する上で障害になる ということも少ないですし、自覚症状もほとんどありません。 ですので放置してしまう人がとても多いのです。 しかし生活習慣病は日本人の死因トップ3である ガンと心臓血管疾患、脳血管疾患の原因にもなります。

ですので、産業保健師がいない中小企業などでは 生活習慣病を予防するにも自己管理になってしまうため なかなか改善することができないのです。 産業保健師は、うつ病予防や、精神的な不安を軽減させるための メンタルヘルスケアを行い休職者を減らし、 生活習慣病や過重労働などへの対策を行う取り組みをするために 産業保健師はとても重要な役割を担っているのです。

↑ PAGE TOP