保健師さんの転職におすすめしたい求人サイト

病院薬剤師の仕事はやりがいがある?!

病院薬剤師の仕事は、やりがいがあるのかということについてですが、人それぞれやりがいを感じるポイントに違いがあります。そのため、最終的には、自らやりがいを探して仕事に打ち込んでいくことになるでしょう。

とはいえ、最近は患者さんの症状や、処方箋に基づいて調剤するだけが仕事ではなくなってきています。そのためか、以前よりもやりがいが出てきたという意見や、よりスキルアップをして、チーム医療に携わりたくなったという病院薬剤師が増えてきているようです。

これは一体、どういうことなのでしょうか。もう少々詳しく見ていくことにしましょう 近年、病院薬剤師に限らず、医療が分業化するという現象が起き始めています。これは、各分野で専門性を高めることによって、医師や看護師などは特定の疾患に対する専門性が高くなり、また、患者さんはどの医師や病院を選べば良いか、分かりやすくなるというメリットがあるものです。

この現象は、薬剤師の業界にも見られ、患者さんと接する時間が増えたという病院薬剤師が非常に多くなってきています。 つまり、今までとは違って、ただ調剤だけを行っていれば良いということではなく、患者さんに寄り添った形で、服薬指導を行ったり、治療中の患者さんへフォローを行うという業務が増加してきたということです。

そのためか、患者さんの生の声を聞くことができるだけでなく、すぐ傍で患者さんが回復していく様子を見守ることができたり、直接、患者さんからお礼を言われる機会が増えたことから、そのことがやりがいにつながっているという病院薬剤師は多いといえます。

また、医療チームの一員として、ペインコントロールチームに所属して、薬剤師の知識や経験を生かしたり、患者さんの栄養状態をサポートするなど、薬剤師として直接医療に携わっているという実感が、やりがいにつながっていくこともあるといえます。

このように、病院薬剤師がやりがいを感じる瞬間は、患者さんと接しながら、直接治療に携わっている時だといっても、過言ではないといえるでしょう。

↑ PAGE TOP