保健師さんの転職におすすめしたい求人サイト

薬剤師が行う調剤薬局での仕事

薬剤師の職場といえば、真っ先に調剤薬局を想像する人も多いのではないでしょうか? 主な仕事内容は、患者さんが持ち込んだ処方箋を確認し、それに合った調剤を用意して患者さんに薬の内容を説明することです。

ただ、これだけが調剤薬局での仕事だと勘違いしてしまうと、いざ働き始めてから驚いてしまうかもしれません。 例えば、重複投薬の恐れがないか、相互作用の恐れがないかという点について確認するのも薬剤師の仕事です。

保険番号や有効期限の確認、薬歴の管理なども仕事なので、座って薬の内容を説明するだけというイメージを持っている人はもう一度確認しておいたほうがいいですね。 調剤薬局がある場所についてですが、病院の近くや街中にあることが多いです。

大きな病院の近くにある調剤薬局の場合、その病院内で診療を行っている様々な科の薬を扱うことになるでしょう。そのため、調剤薬局でできるだけ多くの経験を積みたいと思っているのであれば、大きな病院が近くにある調剤薬局を選択するのがおすすめです。

当然のことながら、皮膚科の隣にある調剤薬局であれば、皮膚に関する調剤が多くなります。 こういった点も考えながら職場選びをしましょう。 調剤薬局への就職・転職事情についてですが、これはそれほど職場探しに苦労しないはずです。 一口に調剤薬局といっても、大手企業もあれば中小企業もありますよね。

どちらを選択するかによってメリットやデメリットが異なるので、よく考えて職場選びをしなければなりません。 大手の調剤薬局のほうが研修制度が充実しているものの、企業によっては転勤の可能性も高くなります。

中小企業は転勤の可能性が低いものの、研修制度が充実していなかったり、一人あたりの業務内容が過酷になることもあるので、どちらが自分に向いているのかを考えて決めたほうがいいでしょう。 今後、高齢化社会になっていくことが予想されているため、調剤薬局での薬剤師求人はどんどん増えていくはずです。

↑ PAGE TOP